冠光寺流柔術本部
私は保江邦夫先生から何を得たか
皆さまの投稿をお待ちしています。
メールでお送り下さる場合は:yabukoji@gmail.com宛にお願いします。

 
 私が保江先生からいただいたもの

               松本 潤一

  私が保江先生にお会いしたのは、2010年3月末の「クイズ紳介くん」の収録日でした。
 それ以前から「合気道開眼」、「唯心論武道の誕生 − 野山道場異聞」を読み、
 興味を持っていましたが、3冊目の「脳と刀 − 精神物理学から見た剣術極意と合気」を読み、
 これは絶対にこの先生にお会いするしかないと思って連絡をしました。
 当日はテレビの取材が入っているため、直接指導はできないという事でしたが、
 わざわざ岡山駅まで車で迎えに来ていただきました。
 最初は見学だけの予定でしたが、せっかくなので稽古に参加されてはどうかと言うことになり
 稽古に参加する事になりました。
 その日は、門人の方との稽古でしたが、女性のS川さん、M山さん、H村さん、Y松さん、
 A堀さんと稽古させていただき、何度か愛魂上げができました。
 この不思議な技を何とか会得したいと思い、週末は毎週のように道場に通いました。
 その間、稽古中でわからない事や人生での悩み事等あらゆる場面で保江先生から御指導を
 受け、相談にものっていただきました。
 2010年4月末だったと思いますが、仕事の都合で土日の稽古に参加できなくなると
 いうことで数年間稽古を休ませていただく旨を伝え、「最後に先生の愛魂の技を直接
 受けさせてください」とお願いしました。
 すると「いいですよ。どこからでも好きなように掛かって来てください。」と言われ
 かかっていきました。
 3分程度だったと思いますが、何度も投げられ転がされているうちに、何故か涙が止まらなく
 なり顔をくしゃくしゃにしながら起き上がっては掛かっていきました。
 あの時、涙が止まらなくなった原因は、先生の偉大な愛に触れて魂レベルで
 浄化が起こったのではないかと思います。
 仕事が落ち着き、1年と半年ぶりに稽古を再開しましたが、それまでと全く変わらずに接して
 いただました。そのような保江先生は、私にとっては「人生の師」です。
 入門して既に7年経ちましたが、私の柔術レベルは未だ初心者レベルです。
 ただ先生の偉大な愛に触れて「愛とは何なのか?愛のある行動とは?生き方とは?」この事を
 考えて生活し、人や動物や物に対しても接するように心掛けています。
 すると数年前ぐらいから保江先生には遥か遠く及びませんが不思議な出来事が増えてきて
 います。
 私が保江先生からいただいたものは、やはり「愛」だと思います。
 ですがまだ「愛」と言うものを十分に理解できているわけではありません。
 これからの生涯をかけて先生からいただいた「愛の種」をしっかりと育てていきたいと思います。

 保江先生、本当にありがとうございました。

                                   (2017/ 3/29)